初心者必見!Googleアナリティクスの抑えるべきチェックポイント

初心者

よしみです。

Googleアナリティクスは上場企業の6割(60%)以上が導入している無料の中では最強のアクセス解析ツールです。どんどん機能が追加されていき使いこなすにはそれなりのスキルが必要です。

しかし、初心者でも、これからのWebマーケッターでも抑えるべきチェックポイントをしっかり抑えておくことで有効活用できます。初心者編として見るべきチェッック項目を限定してご紹介します。

Googleアナリティクスで「できること」と「できないこと」

どんなツールにもできることとできないことがあります。Googleアナリティクスもしかりです。一部簡単にご紹介します。

できること

サイトの閲覧に関して、ユーザーの行動分析、成約(売上)ポイントなどかなります

  • どんなキーワードや広告でサイトに訪問したのか
  • 度道府県、市区町村などのエリア
  • 訪問者の年齢、性別
  • どんなページを見たのか
  • ページにどのくらい滞在しているのか(読まれている時間)
  • どんなページで離脱してしまっているのか
  • どんなページ遷移(ページの順序)でサイトをみているのか
  • 会員登録までどんなページをみているのか
  • ページの押されているボタンの比率

可能なことを上げるとキリがありませんが、何経由でサイトに訪れて、その人がどうなったのか、会員登録したのか、しなかったのかなどをチェックすることが可能ということです。

できないこと

もちろんできないこともあります。

  • 他にどんなサイトをみているのか
  • どうして会員登録をしたのか
  • みているひとの住所や名前をリアルタイムに知ることはできない

住所や名前を知るには会員登録をしてもらうしかありません。Googleアナリティクス上ではチェックが不可能です。個人情報に関わる部分や気持ち・想いという個人の頭の中の目に見えないものはGoogleアナリティクスでは計測できないということです。

Googleアナリティクスの基本項目

アナリティクスを導入した際、むずかしいチェック項目はなししてここだけは簡単に見ることができ、サイト改修や成果向上のためにかならず見るべきポイントです。

用語 概要
ページビュー数(PV) ページの表示回数
セッション数(訪問数) サイト来訪者数
ユーザー数(UU) サイト来訪者のなかでの新規訪問者
直帰率 サイト来訪者に占める1ページしか閲覧しなかった割合
離脱率 サイト来訪者に占める離脱したユーザーの割合
入口ページと出口ページ 検索して着地したページとサイトから離脱したページ
平均ページ滞在時間 1ページあたりの平均滞在(閲覧)時間
目標の完了数 目標数

他にも関連用語として、アクセス解析を行っていく上でKPI、ランディングページ、リスティング、集客キーワードなどあります。

ページビュー数(PV)

ページビュー数(PV数)とは、Webサイトないのページが表示された回数のことです。

Googleアナリティクス上ダッシュボードトップにページビュー数が表示されております。

ページビュー数カスタマイズできますがデフォルト状態で月間表示です。

各種ページのPV数もチェック可能です。

行動>全てのページで閲覧回数が多い順に表示されます。

ページビュー数ディレクトリごとPV数をチェックできますし、フィルタリングも可能です。

どのコンテンツが人気なのかを把握することが可能です。ブログ系やメディア系サイトであれば投稿したページが急激に閲覧されているなど数字わかればその後の戦略にも役立てることが可能です。

セッション数(訪問数)

サイトの訪問数のことをさします。セッションの考え方でつまづく方が多いです。

ユーザーがサイトに訪れて何もしないで30分が経過するまで1セッションとなります。(ブラウザの設定で60分何ど設定できますが基本30分です)良くログイン後時間が経ってしまって再度ログインすることがありますが、あればセッションが切れたなどと表現しています。逆に考えますと、サイトから離脱して30分以内で同じサイトを表示しますと同一セッションです。

セッション
Googleアナリティクスではダッシュボードのデフォルトで表示されております。

セッション1度訪れたユーザーがセッションが切れてサイトにきた場合は2セッションとなるわけです。テーマパークでも再入場が入場者数としているのであれば、まさにサイトの活気数を表現しているということです。

ユーザー数(UU)

サイト来訪者のなかでの新規訪問者をさします。
Googleアナリティクスにログインしたダッシュボードのデフォルト状態でもチェック可能です。表示項目の「ユーザー」がユーザー数です。

デフォルトでのグラフは「セッション」になっておりますので、「ユーザー」に切り替えます。
ユーザー数

グラフがユーザーに切り替わり、日のユーザー数をチェックすることが可能になります。

ユーザー数

指標を選択」で、ページビュー数、直帰率、平均セッション率などもチェックできます。

直帰率 / 離脱率

「直帰」と「離脱」の考え方を理解しておきましょう。

直帰と離脱そして、その割合が「率」です。直帰率と離脱率で混同される方が多いですが再確認です。

  • 直帰率:サイト来訪者に占める1ページしか閲覧しなかった割合です。
  • 離脱率:サイト来訪者に占める離脱したユーザーの割合

計算方法も違えば、考え方、分析の仕方・見方も全く違います。

直帰率

Googleアナリティクスでのチェック方法もいたってシンプルです。

ダッシュボード上でサイト全体の直帰率を表示可能です。
直帰率

行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ

直帰率各種ページの直帰率が表示されております。サイト全体の直帰率が高いからとって「サイトが全体的に悪い」と安易にランディングページがあればその直帰率が90%あり、サイト全体のコンテンツが10Pくらいしかなかったサイトと100ページのサイトではまた考え方が変わってきます。

直帰率60%は悪いのいいの??

Webマスター
直帰率が60%のサイトは要注意です。
というアドバイスもあるかもしれませんが、正確には直帰率何%以上がダメなサイトという明確な指標はありません。

「直帰率何%以上が見直し必要」を決める理由としては、何事も目標たる数字がないことには施策をした結果の良し悪しがチェックできません。つまりどんな費用対効果も計測できないということになるのです。

リスティングなどの広告を打っておりランディングページへ着地した際の直帰率が90%とします。逆に考えますと成約率か遷移率は10%です。10,000人の10%ですので、1,000人が遷移したことになります。ランディングページ1ページ目に登録フォームがあり、しっかり入力された方が1,000人次のページに進んだとしたら「素晴らしい」と思いませんか。しかし、直帰率90%です。他のコンテンツページがロングテールで流入があり、直帰率が35%だとします。良い数字だと思いませんか?しかし、このユーザーは成約には至っていません。ビジネスの成果として考えるのであればどちらが良いのでしょうか?

  • 直帰率90%のランディングページで、10%が成約になる
  • 直帰率35%のコンテンツページではあるが成約数ゼロ

ですので、直帰率はサイトの方向性、目的により考え方は変わると認識しておくべきです。

離脱率

Googleアナリティクスの見方はほぼ同様です。ダッシュボードや各種ページのデフォルトで設定されています。

入口ページと出口ページの確認

入口ページと出口ページは、まさにそのままで「どのページで流入があったのか」そして「どのページで離脱したか」です。人気コンテンツがわかるとともに、離脱ページでは一部のページに集中していればそのページを改修対象となるやかもしれないなどそのような分析が可能になります。

行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ

入口ページランディングページ」との項目ですが、通常よく使われる「ランディングページ」とはリスティングやアフィリエイトなどで使われているガチガチにデザインされたページをイメージされますが、表現と考え方の問題です。ランディングページは和訳しますと着地ページですので、ガチガチにデザインされたページのみをランディングページと指すわけではありませんのご注意ください。

行動 > サイトコンテンツ > 離脱ページ

出口ページユーザーが別サイトへ移動したり、ブラウザを閉じたりしたページです。

また、会員登録ページ、ショッピングカートページでの離脱が多いのであれば非常にもったない機会損失ですので、要チェックです。登録フォームの改修が必要ですが、さらに何が改修対象なのか考えなくては行けません。項目数が多いのか、入力フォームが小さいのかなどなど考えられるポイントは数多くあります。

また、会員登録完了ページや購入完了ページで離脱が多い場合は、気にすることがありません。サイトの目標たるページまでユーザーが進んでいる証拠ですのですばらしことです。

平均ページ滞在時間

1回の訪問におけるサイトに滞在した時間です。極端に短い10秒、20秒などの場合は注意が必要です。コンテンツに文字量が多い、情報量が多いのであれば2、3分はかかるものです。ブログ系のページであれば(文字量にもよりますが)もっと時間はかかるでしょう。SEO対策としても滞在時間は有効とされております。

行動 > サイトコンテンツ > 全てのページ

滞在時間

何かを検索した、検索結果で右クリック > ソースを表示でhtmlのソースコードをチェックしていますと、Timeというコードが入っているのです。何かしら計測されていることは確かでしょう。やはりGoogleからの評価としても滞在時間の短いさいとより滞在時間の長いサイトの方がよく見られていると評価されてもおかしくないと考えられます。ですので、アナリティクスでも滞在時間のチェック項目があると考えても筋が通るわけです。

目標の完了数

サイトを運営していく際に何のために運営しているのかを決定し、その目標を数値化する必要があります。売上のサンクスページ、会員登録完了ページ、FAQの質問回答ページなどサイトの方向性、特徴によって異なります。

設定方法

目標を設定しまましょう。
管理画面からアカウントを選び対象サイトのプロパティを選択します。「目標」とありますのでそこで順次設定していきます。

管理 > アカウント > プロパティ > ビュー > 目標

コンバージョン
目標には、ページや滞在時間など選択可能です。会員登録完了ページやECサイトであれば購入完了ページにすることが多いです。コンテンツのチェックをする場合でも目標に設定する場合がありますので、そこは事業の成果を何で管理したいかによります。

確認方法

目標達成の確認は色々な視点でできますがまずは基本を覚えましょう。

コンバージョン>目標>サマリー

コンバージョン目標の完了数、コンバージョン率で数字が確認可能です。

最後に

Googleアナリティクスは使いこなすと非常に強力なマーケティングツールです。リスティングのadwordsとの連携が可能で費用管理も可能です。どんな検索キーワードで流入しているのかもチェック可能です。色々いじくり回してみてください。

大切なのは見えた数字から「なぜ?」と思い考えていくことです。「どんなことを考えればいいのかわからない」という方は是非ご相談ください。Googleアナリティクスの使い方だけでなくWebサイト全体を通して事業の成果につながる提案をさせていただきます。

Webを事業の成果につなげたいとお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください!

ソフィーリサーチ&コンサルティングは、事業の成果を伸ばすため、実践的な戦略思考力と実行力で徹底的に成果を追求し、クライアントのパートナーとしてWebコンサルティングをさせていただきます。