SEO対策の「被リンク対策」て実際どうなの?SEO会社を因数分解してみる

SEO会社

@よしみです。

SEO対策として一番認識されている施策として「被リンク」があります。SEO会社からの提示金額もピンキリですし、実際のところどういった施策をどのくらいの費用でやってくれているのでしょうか。気になったことはありませんか。

ということで少しSEO対策の被リンクについて因数分解してみたいと思います。

ちなみに、SEO対策として必要な条件として「IPアドレスが同じでない」です。このIPアドレスというものはhttp://sample.comのようなドメインではなく、このドメインを管理している番号です。111.222.333.12などというものが実はあるのです。この数字がユニーク、つまり別々な番号から被リンクを多くもらっていることが大切になるのです。

100被リンクを管理した場合の費用

SEO対策で被リンクが重要なのは今でも変わりません。ということで、100リンクを貼りたいと考えた時どのくらい費用がかかるのか考えて見ましょう

被リンクサイトを運営していくに必要なこととして「サーバー」「ドメイン」が必要です。

IP分散サーバーを準備します。

IP分散引用:http://ticserver.org/

今回は100IP分散するとしますと、http://ticserver.org/さんでは、1ヶ月10,800円です。12ヶ月契約で割引があり108,000円です。

次にドメインを用意します。1ドメイン.comなどであれば年額1,500円程度です。100ドメインとすると年額150,000円です。

これで枠が完成しますが、コンテンツがありませんので、コンテンツを準備しましょう。運営を考えるとWordPressが楽ですので、WordPressで設定しましょう。設定費用は非常に簡単なので0円とします。コンテンツを準備するのですが、1ページに1,000文字あれば良いとか都市伝説がありますが、本当に都市伝説です。仮に1,500文字程度とし、初期サイトのページ数を10ページとしましょう。1文字0.35円で1,500文字としますと、1記事525円です。100サイトに10ページですと、ライティング費用で700,000円です。サイト更新の人件費を1日3サイト平均とし、日給20,000円としますと100サイトですので、約35日で7000,000円です。

つらつらを長く文章でかいてしまいましたが、表にまとめると以下の項目が初期イニシャルでかかる被リンク構築体制そ想定です。

項目 個数 単価 費用
サーバー 100サーバー(IP分散) 90円(1ヶ月) 108,000円(12ヶ月)
ドメイン 100ドメイン 1,500円(12ヶ月) 150,000円(12ヶ月)
ライティング 1,000P(100サイト分) 525円 / 1P 525,000円
サイト更新 35日(1日3サイト) 20,000円 / 日 700,000円

100IP分散サーバーでSEO対策被リンク構築しますと、スタートダッシュのイニシャルで1,483,000円の費用がかかる計算になります。

また、ドメインとサーバーは年更新かかりますので、毎年最低でも258,000円かかります。さらに、サイトのメンテナンスも必要です。1年に1サイト10ページ追加すると想定しましょう。

被リンクサイトの年間の運営費用は以下のように試算しました。

項目 個数 単価 費用
サーバー 100サーバー(IP分散) 90円(1ヶ月) 108,000円(12ヶ月)
ドメイン 100ドメイン 1,500円(12ヶ月) 150,000円(12ヶ月)
ライティング 1,000P(100サイト分) 525円 / 1P 525,000円
サイト更新 35日(1日3サイト) 20,000円 / 日 700,000円

毎年の100被リンク体制の維持にも1,483,000円程度かかる計算になります。

SEO対策は事業の成果を軸にすることが大切

100被リンクをご自身で管理運営しますと、年額150万円弱と結構な金額になります。単月に直しますと12.5万円です。確かにSEO会社さんと契約しますと、毎月の定例会やWebサイトの相談もできます。そういう点ではプロフェッショナルの意見をいただけるので良いかと思います。

SEO会社のアドバイス通り、施策を行いキーワードが上位に上がったとしても、事業の成果につながっていないのであれば、一度、立ち止まって見直して澪てはいかがでしょうか。打ち合わせ時間、それまでの期間などを考えると相当な時間を使っているはずです。

もうSEO業者には騙されない!ウェブマスターツールで被リンクをチェックする方法

でご紹介させていただだきましたが、ブラックSEO会社からは

ブラックSEO会社
しっかりした被リンクはってあるのでSEO対策は心配しなくていいですよ!!
を売り文句にしてきます。

ウェブマスターツールで確認しますと、散々なリンクが貼ってあることもしばしば・・・

今では、コンテンツ施策をしていますと大義名分だけ情報を与え、結局は、とんでもない、最悪の場合、コンテンツ自動生成ツールなどで作られたページからの被リンクの場合があります。

依頼しているキーワードで上位に上がっていることで満足せず、そのキーワードが事業の成果につながっているのかどうかに注力することでマーケティング費用も最適化することが可能になるのです。

SEO会社の事業モデルを考察する

こんなことを考えると後ろから刺されるのではないか・・・と思いますが、ま〜僕みたいな小物は目にもかけられないでしょう。ということで考えてみます。

先に、100IPアドレスの年間管理についてご紹介させていただきました。そこをマネタイズに落とし込みます。

Web制作会社、Webコンサルティング会社のスタッフポジションとして、大概が営業職(コンサルタント)、Webエンジニア、リサーチャー、デザイナー、ディレクターという役割です。営業がお仕事獲得とコンサルタント(お客様との打ち合わせなど)を行います。そこを簡単に数字に表しています。

マネタイズサンプル上記、数字はあくまでも僕の勝手な想像です。しかし、皆さんがSEO会社さんとおつきあいされている場合はウェブマスターツールなどで被リンクをチェックすると大枠だけでも案外わかると思います。

このマネタイズの部分でSEO会社的に費用として外に出ていってしまうのはコンテンル作成です。良質なコンテンツを保有し、運営されているサイトでは被リンクされていない場合があります。その理由も単純明快で、ブラックなSEO会社被リンク数を販売しているからであり、売上のために記事制作にお金をかけることはしないです。

最後に

SEO対策の「被リンク対策」て実際どうなのということですが、「被リンクがあることに対して損ななことはありません。」が条件があります。ポイントは文脈やサイトの質です。昔からのルールでありますが、

  • 購入したような被リンク増加はペルティ可能性
  • 文脈がおかしいような質ののページは評価されない

です。

ですので、数十万お支払いしているような場合は、「どんなコンテンツを作成しているのか」や「被リンク元のサイト」などをしっかり提示してもらい、その説明をしていただくのが良いです。(というか当たり前の気がしますが・・・)でないと数十万お支払いしていて結局は施策をしていない・・・なんてこともあるかも知れません。

ウェブ知見がない場合は、SEO会社もコンサルタントととしてサポートしてくれているので答えてくれるはずです。ウェブマスターツールで被リンクをチェックした時に、文脈があまりにもおかしい被リンク元があるようであればSEO会社に一度聞いて見ましょう。

Webを事業の成果につなげたいとお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください!

ソフィーリサーチ&コンサルティングは、事業の成果を伸ばすため、実践的な戦略思考力と実行力で徹底的に成果を追求し、クライアントのパートナーとしてWebコンサルティングをさせていただきます。