【SEO初心者向け】ブラックハットSEOとは?やってはいけないSEO施策あれこれ

ブラックハット

@よしみです。

SEO対策の話題はいたちごっこではありますが、やはりしっかり運営されているサイトはGoogle先生も評価をしてくれます。

過去では被リンクを大量に設置することで、世の中の色々な人から人気があるサイトであるという手法が横行しておりましたが、今ではその被リンク大量SEO対策はブラックSEO対策として当たり前になりました。その他にも数多くのブラックなSEO対策がありますので、まとめてみました。

ブラックハットSEOということを知らずに、業者さんから提案され、一時的に順位が上がったとしてもドメイン自体がGoogleから認知されなくなってしまったり、ペナルティを受けてしまったりと後々大変な思いをする可能性が出てきます。これからWebマーケティングに関わる皆様はチェックしておきましょう。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、SEO(検索エンジン最適化)における用語で、悪質な(非倫理的な)手法を駆使して検索結果ページ(SERP)の上位に表示させる技術または施策のことである。
引用:IT用語辞典

Webサイト運営に関しては、Googleよりガイドラインが公開されております。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

アルゴリズムのアップデートで話題にあがるのが、ユーザーに対して有益な情報があるのかどうかです。無理して上位にあげる施策、嘘偽りなどそれに関する手法などは無効化、ペナルティ対象になっております。

ブラックハットSEOの手法

有料リンク(自作自演リンク)

やってはいけないSEO施策トップに位置するといっても過言ではありません。一斉を風靡した被リンク購入です。

過去のSEO対策として、被リンク数が最適・最強でありましたが、関係のない被リンクやQAサイト、SNS、ブックマーク、ブログなど自分でも生成可能になってしまった今では、時間をかければ自分でもその数をある意味無限に作れてしまいます(無料ブログ、はてなブックマーク、SNSなどなど・・・)。また、ツールで被リンクを増やす方法などもあり、ユーザーが本当に求める内容をマッチしていないということになり、アルゴリズムのアップデートがあり被リンク施策はすべてNGとなりました。

SEO業者は外部施策として、公表はしませんが、このような被リンク対策で押し上げることもあります。SEO業者を入れている場合で被リンクが多い場合は、一度、どんな外部対策を行っているのかを確認をすることをおすすめします。

相互リンク集(リンクファーム)

過去に、被リンク対策の一つとして、相互リンクサイトが多数ありました。まだ残っているサイトもありますが、ごく少数です。リンクが少ないからこのようなサイトを利用し、リンクを増やそうとは考えないでください。

最近のリンクのチェックポイントは、質の高いサイトからの被リンクであったり関連性のあるサイトからの被リンクです。相互リンクサイトなど、どこおだれが使っているのかわからないサイトからリンクが増えたとしても、スパムサイトであったり、全く関係のないサイトであったりなどしますので注意が必要です。

トラックバック、コメントスパム

ブログにコメントを入力する箇所があるのを見たことがあるはずです。トラックバックスパムとは、サイトとは無関係な情報を「掲載・記載できる箇所をみつけてはリンクをつけた状態で放り込み、自分のサイトへ誘導させる」ことをいいます。つまり、トラックバックスパムはアクセス数稼ぎのために他人のサイトをある意味攻撃しているのです。

このトラックバックを「文字量が稼げるからコンテンツが充実してSEO的にもいいだろう!」と考えて掲載してしまうのは危険です。中身は大体がスパムかショッピング系です。コメント欄をフルオープンにしておきますと関係のところからサイトに落書きのように、どんどん情報を放り込まれる場合がありますので、承認ツールを確認するか、コメント欄自体の削除をすることを検討してください。

WordPressを運営していますと、どこの誰かもわからない方が直接コメントを入力してくることもあります。

ページフッターのリンク大量設置

ページフッターによくあるコンテンツを一つ一つ表示しているフッターを見かけますが、作り方によってはNGと考えております。フッターは普遍的なものであることが多く、ページが多いサイトほど、内部リンクが多くなります。つまり、よかれと思って表示していたコンテンツが、あまりのページ数の多さに回遊をさせるようしむけられた意図的な作り込みと捉えられてしまうことがあります。

実際、ユーザーはフッターで回遊することはそこまでなく、コンテンツ途中の画像リンク、バナーリンク、テキストリンクであることが多いです。しかし、Googleのクローラーはhtmlのソースを上から下までチェックし、それをページ数分行います。ページに同じリンク集があることはロボット的に歯科判断できないのでNGを値重複がありすぎると判断される場合があるのです。

では、フッターリンクはどうしたら良いのか?ですが、ある程度カテゴリーに分けて表示する、カテゴリー別、コンテンツ別に表示内容を変更するなどの対策を行うことです。ユーザーにとっても関係のないリンクは見たくないので、マッチした形になります。

隠しテキスト

SEOの評価としてはやはり文字です。SEOで上位に上げたいキーワードを上手に盛り込むことで、そのコンテンツの評価が高くなります。しかし、気ワードを盛り込みすぎますと、変な文章になってしまったり、読みにくくなってしまいます。h1、h2などのタグがSEOに効果があるといえど、とにかくそのタグで数多くの文章、キーワードをくくっていますとコンテンツ自体がおかしくなってしまいます。

そこで考えられたのが、隠しテキストという技で、SEO対象キーワードをCSSで画面の外にだしてしまい、ユーザーにはみせなくしてしまいます。完全にSEOを意識し、今のgoogleのガイドラインには沿っていないです。

CSSで表現するとすれば

.seoText {
text-indent:-9999px
}

になります。絶対値の表現で、-9999pxの場所にテキストを表示するという指示がなされています。

ワードサラダ

ワードサラダとは??え?野菜??
とこのキーワードを初めて聞く方はそう勘違いしてしまうかもしれませんが、全く違います。

ワードサラダ(Word salad)、言葉のサラダとは、文法は正しいが、意味が支離滅裂である文章のこと。
引用:https://ja.wikipedia.org/

文章生成ツールなどをつかい、文字を羅列しただけの文章です。

ボタン一つで2000文字程度のいくつもの文章、コンテンツを生成してくれます。
copy01こんな記事です。良く読んでみると中途半端な文章になっています。

以前、ワードサラダに関しての記事をかかせていただきました。

絶対にやってはいけない!SEO対策でNGなワードサラダツール

クローキング

検索結果で訪れたユーザーに別のページを見せる・表示することです。

「育児 3歳」と検索して、そのページをクリックしたと思ったら、「ママに売れている化粧品」ページが表示されるなどです。

悪い業者
3歳の育児されているママたちは、お肌にも疲れが見れるだろうから、こっちの化粧品コンテンツを表示して売上を伸ばそうぜ!
と考える悪い業者さんも多くいるはずです。これがNGです。ユーザーは育児のことが知りたいのに、化粧品販売のページが表示されたら不快でしかありません。

Googleはこういうところもチェックしています。

コンテンツコピースパム

コピー&ペーストです。

オウンドメディアなどで、一部の文章を他サイトの情報を利用する引用出典などとはちがい、ページ文章そのままのコピーです。プレスリリースなどで文章がまるっと同じことがありますが、それとは意味合いがことなります。

そもそも自身のコンテンツでないのとニュースメディアでないので、この施策はNGです。

逆にホワイトハットSEOってあるの?

ホワイトハットSEOはあります。

ブラックハットSEOとは逆のことであり、ご自身でしっかりと調べながらオリジナル文章でつくっているのであれば、大概がこのホワイトハットSEOに属するといえます。ですので、ホワイトハットSEOは当たり前となり、どこのサイト運営でも行われているので、これをやっているからSEO的に上位にくるとは限りません。

ホワイトハットSEOを理解し、コンテンツをよくよく作り上げていくことが対象キーワードで上位に表示させるポイントになるわけです。

  • htmlの整備(title、h1、h2などのバランス)
  • コンテンツの有意性
  • ユーザーの求めるものが盛り込まれているのか
  • サイト表示スピード
  • 対象キーワードのバランス
  • 外部からの評価
  • AMP(Accelerated Mobile Pages)対応

列挙してみますとなんとも、定性的で抽象的な表現が多くて申し訳ないです。

最後に

検索結果上位に上げることを飲みをミッションとするSEO業者もあります。そのためには、ブラックハットSEOが行われている場合もあるということを覚えておいてください。丸投げではなく定期的にチェックしましょう。

SEO業者に依頼している場合にチェックしてほしいワンポイントアドバイス

  • どんな外部施策をおこなっているのかの明示
  • 被リンクをしているのであれば被リンクページの開示

お金を払っている、これから契約しよう(お金を払おう)としているからには、最低限のことはチェックしてください。濁されるようであれば危険な香りがします。

SEO対策も事業の成果を手助けする手法の一つです。ブラックSEOをした結果サイトがGoogleからペナルティを受け、インデックスから外れてしまうということは避けなければいけません。

Webを事業の成果につなげたいとお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください!

ソフィーリサーチ&コンサルティングは、事業の成果を伸ばすため、実践的な戦略思考力と実行力で徹底的に成果を追求し、クライアントのパートナーとしてWebコンサルティングをさせていただきます。