もうSEO業者には騙されない!ウェブマスターツールで被リンクをチェックする方法

チェック

@よしみです。

SEO業者さんから

SEO業者
しっかりした被リンクはってあるのでSEO対策は心配しなくていいですよ!!

は鵜呑みしないでくださいね。

SEOで被リンクは大切だけど、その質はどうなの??調べる方法はあるのです。

ウェブサイトを運営している中でSEO対策により、サイトが上位表示されることは非常に嬉しいことであり、ビジネスの成果につながる期待が膨らみます。SEO対策で誰もが知っているであろう有名なものといえば外部リンクであり、被リンクです。

この「被リンク」は、検索エンジンで検索された場合に、表示結果に大きな影響力を持ちます。そのため、SEO対策の一つの手法として被リンクを販売する会社が多いです。

しかし、安易に被リンクを増やしてしまうのは危険です。

Googleの検索ポリシーとしてユーザーに最も最適な検索結果を返すということで動いているので、不正と思われるSEO対策には非常に厳しいペナルティを課しています。Google先生は頭がいいので一発でアウトです。

そこで、どんな被リンクが貼られているのか調べる方法を知っておくことで、不正に貼られた被リンク対策も可能になります。無料で利用可能なウェブマスターツールで、被リンクをチェックする方法をご紹介します。

まだ、ウェブマスターツール(Search Console)に登録していない人はアカウントを作成しましょう。

ウェブマスターツール(Search Console)で調べる

自サイトへの被リンクがどういったものなのかチェックしてみましょう。

まず、ウェブマスターツール(Search Console)にログインし、登録しているサイトの詳細ページへ遷移します。サイトへのリンクをクリックしますと、被リンク一覧が表示されます。気になる被リンクドドメインをクリックします。

SEOリンク
自サイトのどのページへリンクが貼られているのかチェックすることが可能です。

SEOリンク
上記の場合は、3つのページへリンクが貼られていることになります。例えば、hilink.com(被リンクサイト)からsample.com(被リンクされているサイト)のA.htmlとB.htmlとC.htmlへリンクが貼られているということです。

では、そのページへのリンクは一体どのようなものなのでしょうか。ひどいことが書かれている、アダルト系であったり、どうしようもない購入系のリンク、他業者からの嫌がらせのような逆SEO対策などなど・・・自サイトのページのリンクをクリックすることでチェックが可能です。

調べたいURLをクリックします。

すると、リンクしている外部ページのURLが表示されます。

seolink04上記の場合は4つの被リンク元ページが検知されています。それもチェックしてみましょう。

調べたいURLをクリックします。

すると、リンクしている外部ページへ遷移します。

被リンク
詳細の中身は公開できませんが、ひどいものです。

サイトタイトルは適当すぎですし、文章も読めたものではありません。ワードサラダツールなので生成されたものでしょう。ブログとして運営しているように見せているのですが、名前が記号であったり、絵文字、顔文字のオンパレードです。適当に作られているとしか言えないサイトからの被リンクです。

ちなみに被リンクの影響力は貼ってあればいいものというわけではなく、質の高いサイトからの被リンクがSEOに効果があるとされております。

ひと昔というか大昔のSEO対策というものは、

<a href="http://sample.com">不動産 売買</a>

のように、SEOで上位にあげたいキーワードにリンクを貼るでした。

今でも変わらないかもしれませんが、やりすぎは厳禁です。

被リンクがどこになるのかもチェック可能です。htmlソースを表示し、文字検索をかければヒットします。

htmlソース(ページ)上で特定のキーワードをヒットさせる方法

  1. サイトが表示されている、どこかで右クリックで「ページのソースを表示」
  2. ctr+Fで画面上に検索窓を表示
  3. 被リンクされているドメイン(一部でもOK)を入力し、文字検索

で大概がヒットします。

右クリックしてソースを出せるようにしましょう。

サイト
表示されたHTMLソースで、被リンクされているURLを検索します。

サイト
上記画像では、オレンジ部分がヒットした箇所です。(わからないですよね。すいません。)

つまりこの部分が被リンクとなってgoogleに検知(評価)されているということになります。

ウェブマスターツール(Search Console)をどうしたらSEOは100%上がるのか?

はっきり言ってSEOが自動的に上がるのか?と言われますとそうではないです。

あくまでも健康状態をチェックするものです。

SEO対策としてウェブマスターツールで覚えておきたい最低限のこと
SEO対策として被リンクの外部リンクやブックマーク、SNS拡散などの外部施策、htmlの修正やコンテンツ追加などの内部施策があります。SEO対策としてウェブマスターツールでのチェックポイントをご紹介します。

で、紹介させていただいた通り、被リンクチェック以外にも様々なチェックができるのが、ウェブマスターツール(Search Console)です。

このようなツールで改善点を見つけることで、どんな施策をすれば良いかの発見にもなりますし、リンクの貼り方も最適化可能です。ですので、間接的にSEOに貢献することができるといえます。

まだ、ウェブマスターツール(Search Console)を導入されていないのであれば、今すぐにでも導入をしましょう!無料ですので損はないです!

Webを事業の成果につなげたいとお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください!

ソフィーリサーチ&コンサルティングは、事業の成果を伸ばすため、実践的な戦略思考力と実行力で徹底的に成果を追求し、クライアントのパートナーとしてWebコンサルティングをさせていただきます。