Web担当者不在でWebサイトをリニュアールする時にチェックすべき5つのポイント

チェックポイント

よしみです。

衣類と同じく、Webサイトもその年その年にトレンドがあり、デザイナーの世代やバックグランドによりデザインも大きく変わってきます。企業の社長もいいサイトを追求し、良いデザインのサイトをほしがりますが、それが成果に繋がっていますでしょうか。

今回は、「Webサイトリニューアルの時に、Web担当者がいなく、制作会社から出された見積もりが妥当なのかわからない」を少しでも解決できるようチェックすべきポイントを紹介します。

なぜリニューアルするのかのゴールを決めておく

Webサイト運営していくにあたり一番大切な部分です。企業を運営していくのに”理念”があるのと同じで、Webサイトにも何のためにWebサイトがあるのかを明確にする必要があります。

  • 自社商品をよりよく見せるために、きれいなコーポレートサイトが必要である
  • より良いショッピングをしてもらうために、商品を検索しやすいサイトにする必要がある
  • 不動産物件をくまなく捜るための使いやすいUIが必要になる
  • お客様管理をもれなくするためにデータ管理がしっかりされている必要がある
  • これからは世界に出店していくにあたり、グローバル仕様を求める

などなど、様々な目的あります。

ゴールを決めておくことで、完成後のチェックすべきポイントも見えてくるはずです。そして、納得感も違ってきます。やはり、あれも欲しい、これも欲しいでは、サイトが何を表現しているのか、何のためのサイトなのかブレブレになってしまい、発注元が満足していないものをユーザーが満足するはずがないのです。

たかがWebサイトと考えず、昔ながらの表現を使うのであればインターネットの営業マン的な存在として発注者の熱い「このサイトのゴールはこうである」を明確にしておくことが大切です。

デザインが全てという考えをなくす

きれいな・クール・おしゃれなサイトが絶対的な成果を残してくれるは都市伝説です。

例えば、アパレルブランド系のサイトはモデル写真を大きく使い、動画を使い、おしゃれに仕上げているサイトが多いです。しかし、アパレルブランドサイトはSEO的に上位に引っかかるのかといえばと、そうでもなく、ブランドネームをダイレクトに検索してヒットするが大半です。ブランドネームをダイレクトに検索するということは、そもそもそのブランドを知っているユーザーであり、既存ユーザーや興味がるユーザーと考えるのが一般的です。このようなサイトのテーマとして「ブランドイメージ」を大切にしているので、”それ”が形となっているのでこれの場合も正しいゴールといえば正しいゴールなのでしょう。それも、発注者、決裁者がそう願っているのであればです。

しかし、「サイトを幅広いユーザーに知ってもらう」をテーマにしているであれば、Webサイトを検索された後の表示結果に表示されるのか・どうかも考慮していく必要があると考えられます。発注する際には、Web制作会社はデザインができて当たり前と考えておくことが良いです。制作会社ごとに、デザイナーの得意不得意や雰囲気などもデザインに踏襲されてきます。

各制作会社から提案されたデザインを比較していく上で大切なポイントをピックアップしておきます。

  • デザインにデザイナーの想いはどのような形で表現されているのか
  • 提案されたデザインは課題をどう解決してくれるのか
  • 課題の解決方法とデザインが論理的になされているのか

営業担当、ディレクター、デザイナーから「このデザインはすごい素晴らしい!」といわれても鵜呑みにしないでください。自信があるから提案してくるのです。ですので、確認すべき項目は最低上記に挙げた3項目です。

費用に対しての目標効果を考える

費用をかけるのであればそれに対しての効果も決めておきます。

リニュアールにはもちろんのことですがいくらか費用がかかります。その額が数百万円なのか、数千万円なのかは企画や仕様設計によります。

ざっくりとですが、良く話題に上がる仕様・企画を一部紹介します。

  • サーバー性能(処理速度、データ容量)やバックアップ機能をどうするのか
  • IEのバージョン、chromeのバージョンなど対応ブラウザ
  • PC、スマホ、タブレットの対応デバイス
  • デバイスのOS環境
  • 開発言語(PHP、Ruby、Javaなど・・・)
  • インターネットブラウザ環境なのか、社内環境のみなのか
  • 管理者権限やユーザー権限
  • コンテンンツの外だし(連携はあるのか)
  • セキュア環境レベル
  • etc…

仕様・企画は追加すればするほど、開発費用はかさむものです。

全ての機能をつけたからといって、それが素晴らしいサイトになるのかは別物です。機能がありすぎて使いこなせないという声があがることもあります。「何をゴールにしているのか」に通じますが、Webサイトに絶対なくてはならないものを軸にして、付加価値をつけるのかつけないのか、費用はどうなるのかを考えていくべきです。

複数のWeb制作会社から提案をもらう

知り合った仲だからでの発注は要注意です!

ビジネスの世界に身を置いていればさまざまなイベントに参加します。業界イベント、商工会、交流会(異業種含む)などで知り合いも増えることでしょう。そこで制作会社さんと仲良くなることもしばしば。その仲良くなったWeb制作会社にいきなり初発注をしてしまうと失敗することが多いです。

失敗する理由(抜粋)は以下の通り

  • 思った以上に意思疎通ができない
  • 競合がいないので手を抜かれてしまう
  • でてきたもの勝負で後戻りできない
  • Web制作会社に言いくるめられてしまう

どんなデザインがいいのかは希望は伝えるが、デザイナーの認識力とバックグランドでデザインができあがります。デザイナーが一人であればデザイン案も1つか2つでしょう。そのどちらかで選ぶのは非常にリスクだと思いませんか?金額が数百万に及ぶものであれば尚更です。

そうならないように「複数のWeb制作会社から提案をもらう」ことが大切です。

“アイミツ”というもので、一括見積もりサイトなどでも制作会社から提案をもらうことが可能です。A社は100万円、B社は80万円、C社は150万円という風に制作会社が提案資料とあわせて、概算見積りも提示してくれます。

ただ、一括見積りサイトでは、制作会社から「まずヒアリングさせてほしい」と連絡がきますが、これは無視します。会うだけでも発注側には見えない人件費がかかります。“一括見積りサイト”を使うメリットは先にかかせていただきました「競争させることで、リニュアール費用が少しばかり削減できたり、手を抜いた提案をせず本気で考えてくれたりする」ことです。

見積りサイト上での本気度をチェックする方法としては

  • ドメインを教えて企画書を提出させる
  • ラフデザインでもかまわないのでトップページデザインを作ってもらう

上記2点で呼びかけると一気にエントリーが少なくなります。制作会社もあわよくば精神丸出しなのです。

リニューアル(納品)後の体制を確認する

制作物にはいくつかの納品スタイルがあります。

  1. 完全納品ごは、何をするにも別契約
  2. サイト利用料として、保守契約として月額費用を徴収

完全納品ごは、何をするにも別契約

企画、デザイン、コーディング、プログラミングを行い、リリースまで責任をもって作業してくれます。しかし、リリース後のトラブルは別見積りになり、毎回毎月の請求です。作業分量により費用も変わりますので、膨大な費用になるかもしれませんし、一切費用がかからないかもしれません。

サイト利用料として、保守契約として月額費用を徴収

テンプレ販売によくある契約です。開発コストは比較的少なく済みますが、システムやテンプレを利用するろいうことで月額利用料が数千円〜かかってきます。また、パッケージ商品であったりしますので、オリジナリティをだすことがやや難しかったりします。

ほかシステム、プログラム部分はパッケージ化されており、デザイン面はオリジナリティが出せるパターンもあります。同じくシステムプラットフォーム利用料として開発会社に毎月定額で支払うという契約です。サーバー保守、バグ改修などもサポートされている場合が多いです。しかし、改善・改修作業が発生しなくとも費用は掛かります。

最後に

制作会社選び、サーバー選び、運裏体制などすべてにおいて戦略的に選定していくことが大切です。そうすれば、費用対効果としては上々な成果を出すはずです。

今回紹介しました5つのポイント

  1. なぜリニューアルするのかのゴールを決めておく
  2. デザインが全てという考えをなくす
  3. 費用に対しての目標効果を考える
  4. 複数のWeb制作会社から提案をもらう
  5. リニューアル(納品)後の体制を確認する

お金の部分は一部ですが、リニューアルを成功させる要因は発注者が納得できるまで制作会社(担当者)とコミュニケーションをとることです。

制作担当がいない企業からのお問い合わせWeb制作会社からまさに「ネギをしょった鴨」状態です。そこまでふっかけてくる、ぼったくるといった企業は少なくなりましたが、「あくどい手法をつかい、とにかくリニューアルだけして後はほったらかし」という制作会社もまだまだあります。SEO対策対策もあわせておこない、後でペナルティになってしまうというサイトもいくつも見てきました。

リニュアールはマーケティング要素も含むのが一般的です。Web担当者がいないから制作会社からいわれたことを鵜呑みにするのではなく、まずは疑いをかける、調べるなどして、1回や2回は相談することをしましょう。そうすることで制作会社の本気もチェックすることができます。

ちなみに僕もWeb顧問(アドバイザー契約)やっています!