トランクルーム比較5選+α!狭い部屋を少しでも広く!

トランクルーム

よしみです。

車で走っているとロードサイトにコンテナを数多くにかけるようになりました。
現場の方以外でも、一般家庭でも荷物の出し入れで利用されている方が多いようです。

トランクルームを借りて、狭い家の中・スペースを少しでも広く使いたい!を解決するためのトランクルームですが、数多くの運営企業があり、どこを使えば迷ってしまうはずです。そんなトランクルームを比較します。

そもそも「トランクルーム」とは?

「空き地だったところにコンテナが置かれて『収納スペース貸し出します。』とかあるが、どういった仕組みなの?」という疑問が浮かぶと思います。

トランクルームは海外では一般的であり、映画やドラマのワンシーンでも住まいとして登場する時があります。欧米ではどんどん増えていく物品を保管しておく場所としてコンテナの利用が一般的です。

日本は「住まいの狭小化」や「土地の制限」などあり、溢れたものを保管しておく場所がすくなくなっ。そこにコンテナの登場です。海上用コンテナを改造し、収納ができるコンテナ「トランクルーム」として登場し、空き地や余った土地の有効活用として注目を浴び、知る人ぞ知る中で広がっていきました。

市場規模は、トランクルームマーケット情報の報告では、アメリカは10世帯に1室、日本では300世帯に1室です。国土が広く、家が広いと言われているアメリカは日本の30倍の利用率なのです。世界では認知度の高いサービスというわけです。

国内の厳選トランクルームをまとめてみました。

# ハローストレージ Quraz REISE BOX U-SPACE 加瀬倉庫
対応エリア 全国 大都市圏 全国 全国 全国
拠点数 1450拠点以上 55店舗 480店舗 200ケ所以上 1,000個所
部屋数 60,000室〜 33,000室〜 25,000ルーム〜

約12,000室 45,000ボックス
カテゴリー 屋外型・屋内型 屋内型 屋外型 屋外型・屋内型 屋外型・屋内型

物件件数No.1【ハローストレージ】

ハローストレージレンタル会議室や駐車場活用、空き地活用などを行なっている上場企業「エリアリンク株式会社」が運営のハローストレージ。オレンジのシャッターカラーが特徴です。ビルインタイプの屋内型、外置きの屋外型があります。

代表的な特徴は以下の通りです。

  • 全国1450拠点以上、60,000室の管理!
  • 屋外型場内灯やアスファルト舗装
  • 屋内型はALSOK/セコムでの24時間警備
  • 24時間365日利用可能

そして、業界初の24時間簡単Web申込みが可能で、最短3日以内で利用可能になります。通常は『申し込み→手続き→書類やりとり→鍵もらう→利用開始』で申し込みからでも一週間ほどかかります。

ハローストレージWeb申込早すぎ・便利すぎです!

最新型トランクルーム・貸し倉庫【Quraz】

屋内トランクルームビル一棟をまるごとトランクルームとして運営することで、従来にはない高いセキュリティレベルと徹底した空調環境、清潔な収納空間を提供の【Quraz】。外資企業の参入です。

海外ではトランクルーム(収納スペース)とういうのは当たり前の存在であるため、市場が非常に大きいです。国土の日本で困っている人が多いであろう。ビジネスチャンスだ!と参入してきた感じです。実際に、2001年以来、55店舗と少なめではありますが、部屋数では33,000室管理するモンスター企業です。

代表的な特徴は以下の通りです。

  • 全国主要都市に55店舗、合計収納ユニット数は33,000室
  • キレイな室内と湿度管理でカビの発生を抑制
  • スタッフ常駐・監視カメラ
  • カードキー・暗証番号による入退館
  • 無料駐車場完備
  • 専用エレベーターや台車完備
  • スタッフによる定期清掃

高品質のサービスを提供する【Quraz】ですが、デメリットをあげるとしたら、店舗数が少ないということです。エリアによっては利用できないということもあります。キレイ、清潔、スタッフ常駐で安心など素晴らしいだけに、もったいないです。

エレベータや警備完備【ライゼボックス】

ライゼボックス屋内型専門の収納スペース【ライゼボックス】。関東・関西で480店舗、25,000ルームを保有。

一般的な屋内型のトランクルームは、ビルのワンフロアをはパーティションなどで区切り後付けで収納スペースに下絵たげるのですが、【ライゼボックス】は専用に建物を作るので、収納しやすい、作業をしやすい構造になっています。物品を収納するスペースが、安心・安全な施設であること「RS推奨マーク」も取得しています。

代表的な特徴は以下の通りです。

  • 関東・関西で480店舗、25,000ルームのネットワーク
  • 敷金・礼金・保証金「無料」で初期コスト削減
  • RS推奨マーク
  • 阪神淡路大震災でも損傷ひとつなかった耐震性と耐久性
  • 自動換気システム・調湿素材の採用で荷物にやさしい

また、趣味・オフィス用スペースとして【ライゼホビー】を展開。

上場企業の運営【U-SPACE】

uspace上場企業の三協フロンテアが運営するレンタル収納スペースサービス【U-SPACE】。ユニットハウス、コンテナハウスなどを得意としており、レジャーハウスでの店舗、保育園、工場などへの転用も行なっているキレのある企業です。

【U-SPACE】の特徴は以下の通りです。

  • 全国各地に200ケ所以上、約12,000ルーム
  • ユニットハウス、コンテナハウスの専門なので安心
  • 大型荷物の搬入もら楽チン!専用駐車場あり
  • 「最短1ヶ月利用可能」「今日から使える」というスピード感
  • 保証金、更新料ナシ!明確な料金体系

会議室・レンタルオフィスなど多数展開【加瀬倉庫】

加瀬倉庫拠点数がおよそ1000個所、区画数ではおよそ4万5000ボックスを運営する【加瀬倉庫】。他にも、レンタルオフィス、貸し会議室、貸し倉庫などを展開。

【加瀬倉庫】の特徴は以下の通りです。

  • 全国各地に1000個所、区画数ではおよそ4万5000ボックス
  • ユニットハウス、コンテナハウスの専門なので安心
  • 大型荷物の搬入もら楽チン!専用駐車場あり
  • 「最短1ヶ月利用可能」「今日から使える」というスピード感
  • 保証金、更新料ナシ!明確な料金体系

自宅にいながら荷物の預け入れが可能【宅トラ】

宅トラ株式会社クオリティライフ・コンシェルジュが運営する【宅トラ】。クロネコヤマトでおなじみのヤマトグループ「ヤマトロジスティクス株式会社」を委託先倉庫として利用し、自宅にいながら荷物の出し入れを実現している企業です。

近隣のトランクルームをレンタルするという考えでなく、すぐ使わないものは一定期間倉庫に預けてしまおう!です。

【宅トラ】の特徴は以下の通りです。

  • 荷物の管理・出し入れはWebで確認可能
  • 自分で運ぶ必要がない、すべて業者が作業してくれる
  • 大型荷物の搬入もら楽チン!専用駐車場あり
  • 郊外倉庫なので、空調完備で定温定湿でも保管料はとってもお得
  • 荷物の保管管理や運搬は「クロネコヤマト」で安心!
  • 「車」いらず

初回取引料金と月額保管料で4,980円〜(ミニタイプ)と非常にリーズナブルです。自分の車で出し入れがめんどくさいというのであれば【宅トラ】 はオススメです。

また、首都圏や大都市圏で「車を持っていない」ので荷物の出し入れができないという方にも【宅トラ】 はオススメ。

全国トランクルームまとめサイト【HOME’S LIFULL】

トランクルーム運営企業ではなく、不動産サイトHOME’Sです。2017年に名称が変わり「LIFULLトランクルーム(HOME’S LIFULL)」となりました。
HOMES
さすが不動産のHOME’Sが運営というだけあり、全国のトランクルームを一括で検索できるのでとにかく便利です。掲載ルーム数はトランクルーム運営企業分だけあるので膨大なルーム数です。

サイト上には、「特徴から探す」があり、求めているトランクルームを探すことが可能です。

特徴から探す格安・休めなどの料金重視、運送サービス可能、屋内型、預けるものを考えて預けたいなど利用者の立場でカテゴリー分けされています。

とにかく業者に子だわないというのであれば、【HOME’S LIFULL】で探してみるのもありです。

月額費用の考え方

トランクルームを利用するのに月額数千円かかります。年額にしたら数万円〜数十万円にもなります。他、運営企業によっては、初期手数料や更新料もかかります。少し、見える化してします。

住宅密集地の東京都葛飾区付近で住まいとトランクルームをざっくり比較します。

1.賃貸物件+トランクルーム

タイプ 月額賃料 1m²あたり
賃貸物件 3DK 120,000円 62 1,935
トランクルーム 2帖タイプ 15,400円 3.2 4,813
合計 134,000円 65.2 2,077

2.中古マンション+トランクルーム
中古マンションは、諸々条件がありますが、築年数約20年2980万円相当で計算して見ました。

タイプ 月額賃料 1m²あたり
賃貸物件 3DK 84,500円 65 1,310
トランクルーム 1.5帖タイプ 12,000円 2.5 4,800
合計 92,000円 67.0 1,440

中古マンションを購入された場合は、容易に引っ越しできないので対応できないと思いますが、賃貸物件であればランニングコストとして結構が金額がかかります。平米単価としては、2.4倍跳ね上がります。ですので、これから引っ越しを考えるというのであれば、平米単価に直して見てトータルで引っ越し先の広さを考えるとより効率的に、経済的に生活ができます。

最後に

結局、どこのトランクルームを借りるのがお得なの?ということですが、答えは「自分の要望を満たしてくれるトランクルームを借りよう」です。

とにかく急ぎでトランクルームを利用開始したいのであれば「ハローストレージ」、防犯・キレイ・受付がいた方が良いであれば「Quraz」 、自宅にいながら荷物の預け入れなどしたい「宅トラ」といったように各企業により特徴が違いますので、ぜひ、比較して見てください。